事例

【保存版】プラごみ削減につながる商品リスト【全55事例※随時追加】

目次

レジ袋有料化で話題のプラごみ問題、実際どのくらいヤバいの?

今月からレジ袋が有料化しました。その背景にある「プラスチックごみ問題」ですが、実際どのくらい問題になっているか、みなさんご存じですか?目下、ポイ捨てや不法投棄、意外なところでは洗濯物の繊維などが原因で、プラごみが川から海へと流入しています。その過程で目に見えないほど小さくなり、ずっと海中に残り続け、生態系をおびやかしているのです。

なんと「既に世界の海に存在しているといわれるプラスチックごみは、合計で1億5,000万トン」と言われています。さらに「そこへ少なくとも年間800万トン(重さにして、ジャンボジェット機5万機相当)が、新たに流入していると推定されています。」(参照:「海洋プラスチック問題について」『WWFジャパン HP』

プラごみ

加えて、日本人はプラごみの排出量が非常に多いことが明らかになっています。UNEP(国連環境計画)のレポートによると、1人当たりのプラごみ排出量は年間32kgで、世界2位だそうです。これは2014年のデータですが、現在は新型コロナウイルス感染症の影響で、内食・中食が増えていることなどを背景に、プラごみ排出量はますます増加傾向にあります。

画像2

また、プラスチックはご存じの通り、石油からできていますので、製造から廃棄までの過程において温室効果ガスが発生します。地球温暖化の原因になってしまうのも憂慮すべき問題です。

どうすれば、プラごみを削減できるの?

プラごみを削減するためには、私たち1人ひとりが意識を高めて、ゴミを減らしたり、分別したりすることが最も重要です。しかしながら、衛生面や利便性の問題から、どうしても難しい側面もあります。そもそも現状では、スーパーやコンビニで食品や飲料、日用品を購入するのに、プラ包装・容器やペットボトルを避けるのは難しいですよね。また、プラによる食品包装を避けると、保存性を損ない食品ロスが増えてしまうかもしれません(食品ロスの現状に関する記事はコチラ)。

そこで本記事では、「プラごみ削減につながる商品」という、誰もがお買い物を通して楽しく取り組める55の選択肢をご提案したいと思います。

プラごみ削減につながる商品ってどんなもの?

プラごみ削減につながる商品は、大きく3種類に分類できます。「プラスチックごみのアップサイクル/リサイクル商品」「プラスチック商品の代替品」「プラスチックフリー商品」です。それぞれの商品について、具体例をあげながらご紹介します。

プラスチックのアップサイクル/リサイクル商品

原材料にプラスチックごみが活用された商品を指します。ちなみに、アップサイクルとリサイクルの違いは下記の通りです。

アップサイクル:廃棄物の特徴を活かして、新たな商品・サービスを創造すること。元のモノ以上の価値を産み出し、その過程でエネルギーや自然資源をほとんど必要としない※。(例:使用済みペットボトルをオシャレにアレンジして、花瓶やランプシェードに生まれ変わらせる)

リサイクル:廃棄物を元に戻したり、素材に加工したりして再利用すること。(例:使用済みペットボトルを裁断・洗浄・加工して、新しいペットボトルや繊維を作る)

※廃棄物から産み出された(元のモノとは違う)新しい商品・サービスの全般をアップサイクルとする広義の解釈もあります。

 セブン&アイ:BODY COOLER®

例えば、セブン&アイはPB「セブンプレミアム」より、「ペットボトルのリサイクル素材を活用したインナー」を発売しました。インナー1枚当たり、ペットボトル約8本分が使用されています。原材料のペットボトルは、店舗で自ら回収する気合が入った事例です。私も愛用していますが、サラサラと肌触りが良くて快適です。ちなみに、HP内には記載がないですが、チノパンのラインナップもあります。よく伸びて履きやすかったです。

画像3

プラスチック商品の代替品

レジ袋やストロー、ペットボトル、野外でのカップなど、通常は使い捨てプラスチック製のものを代替する商品を指します。いわゆる「マイ〇〇」が多く該当します。

 アサヒビール、パナソニック:森のタンブラー

例えば、アサヒビールとパナソニックは、スポーツや音楽イベントなどで大量に廃棄される使い捨てプラスチックカップを削減するために、「原材料の半分以上が植物繊維のマイタンブラー」を開発しました。球場やフェス会場にタンブラーを持ち込む文化の創造を目指す事例です。私も愛用していますが、表面がビールの泡立ちが良くなるように加工されており、家でもビールを美味しく楽しんでいます。

画像4

プラスチックフリー商品

原材料や包装、パッケージなどでプラスチックの使用が一般的な商品において、プラ削減に取り組むものを指します。本記事では、一部(100%ではない)削減も「プラスチックフリー商品」とみなしてご紹介します。

 ラッシュ:ニュー シャンプーバー

例えば、ラッシュは「プラ容器や詰め替えが不要のネイキッド固形シャンプー」を販売しています。固形1つ当たり、750グラムの液体シャンプー分の量に相当するとのこと。シャンプーの使用・消費スタイルを変えていこうとする事例です。私も愛用していますが、固形なので持ち運びやすく(ジップロックにいれてます、すみません笑)、温泉や旅行などで重宝します。

画像5

【保存版】プラごみ削減につながる商品リスト【全55事例※随時追加】

以降は、SDGs Science編集部が欲しいと思っているorユニークと感じた「プラごみ削減につながる商品」をひたすらご紹介していきます。気になる商品を見つけたら、どれか1つでも購入して、「脱プラ」デビューしちゃいましょう♪

 アディダス、パーレイ:ADIDAS X PARLEY COLLECTION

海洋プラごみ由来の素材から、トレーニングウェアやシューズ、ゴルフウェア」などスポーツアイテムを産み出すコレクション。「Run For The Oceans」という参加者が1キロ走るごとに、アディダスが環境教育プログラムに寄付するイベントも開催。

画像6

 プーマ、ファーストマイル:PUMA X FIRST MILE

道端や川、海、埋め立て地などから回収したプラごみ由来の素材から、トレーニングウェアやシューズ、ポーチ」などスポーツアイテムを産み出すコレクション。

画像8

 ラルフローレン:アース ポロ

100%再生ペットボトルから作られるポロシャツ」。1枚あたり、ペットボトル約12本分が使用されている。

画像9

 H&M:Conscious Exclusive

H&Mの「サスティナブルをテーマにしたコレクション」。リサイクルポリエステルを採用した衣類のほか、ワインの食品ロスをレザーに仕立てたレザー品などユニークな商品が多数。

画像10

 ベネトン:Wool So Cool

100%自然由来・生分解可能なウールのニット」。ベネトンらしいカラフルなラインナップが特徴。

画像11

 STYLE VOICE:LOVE EARTH,LAUGH LOTS サスティナブルTシャツプロジェクト

ポリエステルとコットンをリサイクルした糸で作られたTシャツ」のコレクション。18ブランドが「サスティナビリティ」をテーマにデザイン。長く着てほしいという想いから、洗濯ネットを配送パッケージに採用している。

画像13

 プリスティン:リアルフリース

ウールとオーガニックコットン製のフリース」。フリースを洗える人にも地球にもやさしい竹の洗濯水も同時展開。ポリエステル製のフリースが洗濯時に抜け落ちてマイクロプラスチックとして流出する課題に着目。

画像14

 Brita:ugliest sweater collection

浄水器メーカーのブリタによるリサイクル素材のセーター。「プラごみによる海洋汚染を啓発する生々しいデザインと商品名」が特徴。

画像15

 山喜:ゼロプラパッケージ

包装や襟の部分などに使用されるプラスチックがフリーのワイシャツ」。1商品あたり、500mlペットボトル約1本分のプラを削減できる。

画像16

 山櫻:rik skog

紙製のハンガー」。カラフルなラインナップが特徴。オフィス用紙製品の老舗メーカーが手掛ける。

画像17

 ナイキ:スペースヒッピー

ペットボトル、Tシャツ、糸くずをリサイクルした再生素材を活用するシューズ」。ナイキは、それらの廃棄を「宇宙ゴミ」と称しており、商品名に反映させている。

画像7

 ECOALF:UPCYCLING THE OCEANS

スペイン発のサスティナブルファッションブランドが手掛ける「漁業者が意図せず釣り上げた海洋プラごみからファッションアイテム」を産み出すプロジェクト。同ブランドは、リサイクルポリエステルやオーガニックコットンのアイテムなども展開。

画像46

 クロキ商事:Oxeani

ペットボトル約6本分の海洋プラごみをアウトソールに使用したサンダル」。ストラップには、パイナップル由来の素材があしらわれている。

画像18

 Humming:NADELL wedding

オーガニックコットンと天然素材由来のウェディングドレス。「アップサイクル可能なドレス」で、姉妹が結婚するときにリメイクしたり、娘が産まれたときにベビィドレスに生まれ変わらせることが可能。

画像19

 ECOMACO:エシカルウエディング

非可食トウモロコシ、非可食サトウキビ、シルク、コットン、バンブー、和紙といった自然由来の素材でつくられたウエディングドレス」。とくに、トウモロコシ由来の繊維は石油由来の繊維に比べ、CO2排出量が抑えられ、弱酸性で肌にもやさしい。

画像20

 アダストリア:FROMSTOCK

デッドストックとなってしまった衣料品を黒染めすることで生まれ変わらせ再販売するアップサイクルブランド」。素材によって染まり方が異なることをデザイン性に昇華させる。

画像21

 FINE:Rename

デッドストックとなってしまった衣料品のタグを付け替えて再販売するサービス」。衣料ロスがブランドイメージの低下につながるという構造的な問題に注目。

画像22

 クリエイターズ:カエルデザインwithリハス

海洋プラごみを回収してアクセサリーにアップサイクルするブランド」。障害者が1つひとつ手作業で制作している。

画像22

 信州吉野電機:かんざしてぃー

土に還るゴルフティー」。生分解性のプラスチック製。かんざしとして、髪に挿せる。サクラと四葉のクローバーのデザイン。

画像24

 パノコトレーディング:sisiFILLE/シシフィーユ

オーガニックコットンを使用した生理用ナプキン」。プラ系素材のナプキンもプラごみの主要因。安心・安全の証である「エコテックススタンダード100」を取得。

画像26

 アキュラホーム:ウッドストロープロジェクト

間伐材のストロー」。量産した事例は世界初とのこと。今後の展開として住宅の廃材利用も模索されており、住宅メーカーならではのストロー。

画像27

 HAYAMI:草ストロー

ベトナム産の野草を活用したストロー」。耐久性・耐熱性に優れ、かつ低価格が売り。東京農業大学の学生が手掛けている。

画像28

 ロータスコンセプト:大麦ストロー

文字通り・原点回帰のストロー(麦わら)」。同社地元の石川県内の大麦を使用。刈り取りや加工は、地域の就労支援施設と協力して行っている。

画像40

 カネス:MYSTRO

美濃焼の陶磁器ストロー」。陶磁器生産量の日本一である岐阜県土岐市発。伝統産業を活かした高いデザイン性が魅力。

画像30

 LIMONE:オリジナルエコーヒーカップ

竹の繊維からできたエコカップ」。絶滅危惧種のオランウータンの生態がカップ全体にイラストで描かれているのが特徴。同社は、エコカップのほか、社会問題の解決につながる商品をギフトとして提案するショップも運営。

画像39

 BALIISM Japan:バンブーカトラリーセット

竹製のマイカトラリーセット」。竹ストローもついている。同社は、竹のタンブラーや様々な形の椅子も販売。

画像32

 Albatross:Take Back Ware

剃刀のブレードをアップサイクルしたマイカトラリーセット」。使い終えたブレードを同社に送るとアップサイクルしてもらえる仕組み。プラスチック製の使い捨てスプーンやフォークが大量廃棄されている問題に着目。

画像32

 シック・ジャパン:ブルドッグ オリジナル バンブーホルダー

柄をプラスチックから竹に変えた剃刀」。パッケージもリサイクル素材を採用。天然由来成分のスキンケアアイテムとセットになったギフトパッケージも展開。

画像33

 ファイン:竹の歯ブラシ FINEeco41

植物資源と国産竹繊維を融合した素材で作られた歯ブラシ」。自然素材ゆえに2年の使用期限がある点と、ブラシまで天然毛(豚毛)のラインナップをそろえる点が特徴。

画像46

 エフ・エルジャパン:ジョーダン グリーンクリーン

商品の全てがリサイクル素材or植物由来の歯ブラシ」。持ち手は再生プラ、ブラシは植物プラ、パッケージは再生紙が採用されている。

画像41

 ティーム:BeeEcoWrap

オーガニックコットン生地にミツロウ、木の樹脂由来のワックス、ホホバオイルなどを染み込ませたエコラップ」。繰り返し使用可能。オーストラリアのサスティナブルな暮らしを営む家族が手作業で制作。インスタ映えしそうな多種多様なデザインが魅力。

画像42

 aco wrap:天然ラップ

フェアトレード&オーガニックコットン生地に岐阜産のミツロウなどを染み込ませ、奄美大島の伝統的な染色を施したエコラップ」。繰り返し使用可能。和風のシンプルで丸いデザインが特徴。「プラスチックごみゼロ」宣言した京都亀岡市にて製造される。

画像43

 アイクリエイト:good wrap!

オーガニックコットンや麻に、ミツロウやホホバオイル、天然樹脂を染み込ませたエコラップ」。繰り返し使用可能。よもぎの煮汁、桜の枝、おから、えごまといった食品ロスを活用した染色が特徴。また、1枚売れるごとに給食1食分を国連WFP寄付している。

画像44

 山陽製紙:ピクニックラグ「crep(クレプ)」

再生紙製のレジャーシート」。工業用の包装紙を活用しており、撥水性を兼ね備える。自然と調和する紙の風合いを活かしたデザインが魅力。多種多様なラインナップがある。

画像45

 JUST goods:JUST WARTER

再生可能な紙容器のミネラルウォーター」。キャップはサトウキビ由来の植物プラスチック製。俳優のウィル・スミス親子が監修した商品として話題に。カラフルで目を引くラインナップが特徴。

画像46

 コスメキッチン:Sustaina Pouch

絶滅危惧種をモチーフにしたエコフィルムのジッパーポーチ」。フィルムには、焼却した際に排出されるCO2を大幅に削減する最新技術を使用。ヘサキリクガメ、ケープペンギン、フィリピンワニ、ホッキョクグマ、シロナガスクジラの5種で、各動物に合わせたサイズ展開が特徴。

画像47

 FREITAG lab:フライターグ

トラックの幌をアップサイクルしたバッグや財布」などを展開するブランド。すべてが1点もののデザイン。フライターグの所有者同士がお互いのアイテムを交換できる仕組み「S.W.A.P.」を2019年秋からスタート。

画像51

 Watashiba:FelLe

ペットボトル由来の再生フェルト生地を活用したバッグやポーチ、小物」などを展開するブランド。持ち手の部分は国産の本革。大阪のかばん職人が制作している。

画像48

 ダイヤモンド:KIND BAG

100%使用済みペットボトルを再生した生地で作られたエコバッグ」。ミニサイズは4本、ミディアムサイズは6本のペットボトルから成る。同社はエコカップや木製腕時計なども販売している。

画像49

 セブン&アイ:エコバッグになるハンカチ

荷物を最小限にしたい男性にも携帯して欲しいという意図で開発された「エコバッグとハンカチを兼ねる商品」。

画像35

 モンドデザイン:PLASTICITY

ビニール傘をアップサイクルしたバッグ」。世界初の事例とのこと。日本の職人が丁寧に縫製しており、模様は1点もの。

画像38

 東京田川:+RING

撥水・防水生地の専門商社が手掛ける「端切れを活用したアップサイクル傘」。1点物のオリジナリティが高いデザインが特徴。修理にも必ず対応するとのこと。折り畳み傘やレインコート、帽子、バッグなどのラインナップもそろえる。

画像51

 JR東日本スタートアップ、Nature Innovation Group:アイカサ

ビニール傘の使い捨て削減を目指す「傘のシェアリングサービス」。石灰石を活用したプラスチック代替素材「LIMEX」製の傘による実証実験も実施している。

画像37

 TBM、三菱鉛筆:uni LIMEX

石灰石を活用したプラスチック代替素材『LIMEX』を活用したボールペン」。「LIMEX」シート製造時に発生してしまう端材を再利用している。

画像52

 Open Mind Developments:Pela Case

100%植物由来・生分解性素材のスマホケース」。包装もプラフリーで簡易。スマホケースのほかに、スマートウォッチのバンドといったラインナップもある。

画像53

 アーバンリサーチ:commpost

「廃棄されてしまう衣料品からバッグやiPhoneケース」などを産み出すプロジェクト。リサイクル事業者や障害者の就労支援をするNPO、地域住民などとの様々なコラボレーションを実現している。

画像54

 イケア:MUSSELBLOMMA

漁師の網にかかって回収されたプラごみをアップサイクルしたコレクション」。バッグ、クッションカバー2種類、テーブルクロスのラインナップがある。

画像34

 ウォルナット:Root Pouch

リサイクルペットボトルとリサイクル天然素材をミックスして作った不織布製の植木鉢」。通気性や透水性がよく、根の育ちが良くなるとのこと。持ち手がついていて運びやすいのもポイント。

画像55

 VANBRIEL YUAN BVBA:ecoBirdy

プラスチックのおもちゃを回収して作られた子供向けの家具」。製造過程も環境に配慮され、有害な化学物質を使用しないため、子供が安全に遊べる。

画像56

 gomidesign:gomi speaker

プラスチックごみをアップサイクルしたスピーカー」。1商品あたりビニール袋で約100枚分のプラごみを利用。独特のデザインは伝統工芸の技術が応用されている。ほかにも、モバイルバッテリーや石鹸皿なども展開。

画像57

 レゴ:Tree House

植物由来プラスチック製のレゴ(葉の部分)」。レゴは持続可能な素材でのブロック開発を進めており、2019年6月時点では全商品の内、植物由来プラ製は2%だそうだ。

画像58

 ピープル、バイオマスレジン南魚沼:お米のおもちゃ

お米由来のプラスチック『ライスレジン®』で作られたおもちゃ」。原材料のお米は純国産。赤ちゃんが舐めたり、口にいれたりしても安全・安心な積み木やボール、ネックレスなど沢山のラインナップがある。

画像60

 Stichting One Army:Precious Plastic

プラごみから素材や商品をつくるための機械」。設計図や制作動画などはHP上で無料公開されている。誰でも作れるように、水道管部品など現実的な部品と予算となっている。家具やアクセサリーなど商品別の作り方も閲覧できる。

画像60

 テラサイクル:Loop

リユース容器・パッケージのプラットフォーム」。食品や洗剤、コスメなど、あらゆるメーカーは「Loop」に参加することで、使い捨てプラスチック容器・包装を用いず、生活者に商品を届けることが可能。2020年内に東京に導入予定。

画像36

 ニチバン:セロテープ®

最後はお馴染みの商品をご紹介!セロテープ®は、「1948年の発売からずっと、原料のほとんどを植物由来の天然素材で製造」している。プラ製の粘着テープと比較して、焼却時のCO2発生量は約7分の1!70年越しに時代がようやく追いついた「プラごみ削減の始祖」と言える商品。

画像25

実は日本人のほとんどが、プラごみ削減につながる商品を使用したことがあるというサプライズで、本リストを締めくくりたいと思います笑

まとめ

いかがでしたでしょうか。プラごみの削減に向けて、様々な企業・団体がユニークな商品開発に取り組んでいることがお分かりいただけたと思います。お買い物を通した「脱プラ」は、誰もが気軽に楽しく取り組めると思います。本記事が、少しでも多くに人にとって「脱プラ」デビューのキッカケになれば幸いです。

なお、本リストは随時追加していきますので(100商品を目指します!)、自薦・他薦を問わずに「こんな商品もあるよ」というご連絡・コメントなど大歓迎です。もちろん、感想や質問などもお待ちしています。最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!

この記事に関連するSDGs

-事例
-, ,

Copyright© SDGs Science , 2020 All Rights Reserved.